色々メモ

読んだ本のメモとか

『Python インタラクティブ・データビジュアライゼーション入門』

#1701

タイトル通り、インタラクティブなデータ可視化で使えるパッケージの使用方法紹介。

つくったグラフをWebで公開する方法まで含め、懇切丁寧な説明。

 

見せたいデータは各個人で違っても、データの見せ方はある程度定型なので、こういうパッケージに任せてしまうのが楽でいい。

固定データの固定グラフならExcelで十分。インタラクティブという性質を使えるケースで利用する。データを見ながら何かを検討したりするのに向いていそう。あとは、カッコいいプレゼンとか。

 

しかし、せっかく動きのある表示ができるツールなのに、本という動かない媒体で紹介するしかないのが残念。自分でサンプル動かしてみろってことかな。