色々メモ

読んだ本のメモとか

『インプット大全』

#1703

 このブログ(記録)を始めるきっかけとなった、アウトプット大全の姉妹本。

内容・考え方のベースがアウトプット大全と似ているため、それほど強烈な印象は受けなかった。でも、内容はよい。

 

以下、今後使いたいと思った内容

 

08. 効率よく読む
本を読むときに、最初に目次だけでなく本文もパラパラめくって、概要を知ってから読み始める。
数分の手間で、本の内容理解が効率化できそうな印象。
導入も簡単だし、この本の以降の章を読む前にさっそく実践した。

 

16. 質問を前提に聞く
講義・会議などの場で、質問することを前提に話を聞く。
これは最近無意識にやりつつあったが、改めて意識しよう。
情報共有会ならともかく、議題のある会議に出て何も発言しないと出席した意味がない。

 

30. 観察する
相手がどういう人間か、今何を考えているのかを考える。
相手を知ることで、より良い交流ができ、互いにとって有益な時間が増える。
最近文字ベースのやり取りが増えて、画面の向こうに人間がいるという意識が薄れがち。対面でさえ不用意な発言で相手を傷つけることがあるので、人間と人間のコミュニケーションであることを忘れないように。

 

後半の各情報媒体に関する詳細説明から個人的にまとめた内容は、「今やっていることは、今後の自分によって有益か?」「どうすれば今後に生かせるか?」を自問するということ。

1年後どころか、1週間後には忘れていて、無意識レベルでも役に立っていないようなことに時間を使うのはもったいない。

学び効率が最大化するインプット大全

学び効率が最大化するインプット大全

 

 

 関連

ynw-book.hatenablog.jp