色々メモ

読んだ本のメモとか

『本好きの下剋上 第二部 III~Ⅳ』

 #1676 #1677

引きつづき王道のストーリー展開が続く。今回に限った話ではないけど、サブストーリーで主人公以外の視点から物語が書かれるのは、各自に感情移入しやすくて好みのかも。文量に制限が少ない長編ならではの表現の仕方。

 活版印刷はストーリー上の制約でしばらく停滞するのかとおもいきや、過去に描かれた他の時間制約含めて一気にすっ飛ばす急展開。

どんどん登場人物が増えるので、手書きしていた人物相関図がエライことになってきた。

 

作中で印刷関係の器具や手法が文字だけで表現されてイメージしにくいところがあったので、並行して製紙関係の本を読み始めた。製紙の歴史と物語の展開がリンクしているところが多いので、結構参考になる。

この本は一見ファンタジーだけど、紙が人類史に与えた影響という観点でみるのも楽しいかもしれない。

 

I~IIは以下参照。

ynw-book.hatenablog.jp