色々メモ

読んだ本のメモとか

ホラー

『アラバスターの手』

#1740 こんなにしっかりホラー小説している本を読むのは何年ぶりだろう。 奇をてらったひねりやSFチックな要素はなく、純粋に古典的な怪談話。こういう話はうがった見方をせずに、作品の空気感を楽しむのが良いと思う。 アラバスターの手: マンビー古書怪談…

『死んだら飛べる』

#1708 飛行機で怖い目に合うアンソロジー。リチャード・マシスンの『高度二万フィートの悪魔』と、ブラッドベリの『空飛ぶ機械』だけは知っていた。 知らないキング作品(『乱気流エキスパート』)を偶然見つけたので得した気分。 死んだら飛べる (竹書房文庫)…