色々メモ

個人的なメモです

『魚は痛みを感じるか?』

#1706

目を背けられてきた話題。

トロール漁などで海中から引き上げられた大量の魚が、窒息死するまで放置されているという現状。これが哺乳類なら抗議運動が起きかねないひどい扱い。にもかかわらず、なんとなく魚は例外的に扱われている。

 

子供のころ、魚は痛覚がないから釣り針を痛がっていない、ということを学校で聞いた。その数年後にニュースで、魚は釣り針で痛がっていると知り、先生も間違えるんだなぁ、と思った記憶がある。おそらくそのニュースの元ネタになった本。
著者は自分の実験結果が意図を超えて過剰に取り上げられてしまったため、本書内ではかなり言葉を選んでいる。

痛みを感じるとはどういうことか、刺激に対して反射的・機械的に反応しているわけでは無いことをどのように確かめるか。一歩ずつ慎重にロジックを組み立てる。

 

本書の主張は、魚も痛みを感じているのだから殺してはいけません、というものではなく、痛みを感じていることを考慮した新しいプロセスを検討すべきという意見。そのプロセスに対するコストはかかるけど、上手く設定すればWin-Winも狙える。
例えば、魚が苦痛を感じるような養殖方法だと品質・生産性が低下するので、魚の福祉に気を配れば高品質の魚が供給できるようになるのではないか、など。

スポーツフィッシングについても、食べるならともかく娯楽のために魚に苦痛を与えるのは悪いこと!ではなく、単純に禁止すると世間から魚に対する興味が薄れ、ひいては釣り場である水場の環境悪化につながる等の負の面も考えるべき。
物事は単純に白か黒かで語れない。

 

こういう話題で過激派が行きつくところは菜食主義だけど、植物も痛みを感じているなんて研究結果が出たらどうなるんだろう。

魚は痛みを感じるか?

魚は痛みを感じるか?

 

 

『数学で読み解くあなたの一日』

#1705

身の回りのものを、数学で考える。

内容が著者の専門に偏っているので、タイトルとはちょっと違う印象を受けた。

食品の栄養成分表示に関する考察が面白かった。
栄養成分表の集計単位(100gあたり、とか、一人分75gあたりとか)が任意に設定できるので、印象が悪い成分が表示上ゼロになるように四捨五入で切り捨てられる量に調整しているのかも、という話。事実かどうかは不明だけど、こういうところに頭を使うのは面白い。

数学で読み解くあなたの一日
 

 

『伝染る恐怖』

#1704

伝染病に関係したミステリー短編集。
コロナの時期にこんな本が見つかるなんて偶然だなぁと思ったら、コロナ禍で発行されていた。

伝染病という背景によって人間の行動が変わることを利用したストーリー構成が多く、どんなことでも話のネタになるな、という印象。いっそのこと、伝染病が流行っているからこういう行動をしていた、ということ自体を最後のネタバラしにした話があっても面白いかも。

 

『インプット大全』

#1703

 このブログ(記録)を始めるきっかけとなった、アウトプット大全の姉妹本。

内容・考え方のベースがアウトプット大全と似ているため、それほど強烈な印象は受けなかった。でも、内容はよい。

 

以下、今後使いたいと思った内容

 

08. 効率よく読む
本を読むときに、最初に目次だけでなく本文もパラパラめくって、概要を知ってから読み始める。
数分の手間で、本の内容理解が効率化できそうな印象。
導入も簡単だし、この本の以降の章を読む前にさっそく実践した。

 

16. 質問を前提に聞く
講義・会議などの場で、質問することを前提に話を聞く。
これは最近無意識にやりつつあったが、改めて意識しよう。
情報共有会ならともかく、議題のある会議に出て何も発言しないと出席した意味がない。

 

30. 観察する
相手がどういう人間か、今何を考えているのかを考える。
相手を知ることで、より良い交流ができ、互いにとって有益な時間が増える。
最近文字ベースのやり取りが増えて、画面の向こうに人間がいるという意識が薄れがち。対面でさえ不用意な発言で相手を傷つけることがあるので、人間と人間のコミュニケーションであることを忘れないように。

 

後半の各情報媒体に関する詳細説明から個人的にまとめた内容は、「今やっていることは、今後の自分によって有益か?」「どうすれば今後に生かせるか?」を自問するということ。

1年後どころか、1週間後には忘れていて、無意識レベルでも役に立っていないようなことに時間を使うのはもったいない。

学び効率が最大化するインプット大全

学び効率が最大化するインプット大全

 

 

 関連

ynw-book.hatenablog.jp

 

『Office365 Teams即効活用ガイド』

#1702

コロナによるテレワーク勤務で、半年ほど前から使っているTeamsについて、遅ればせながら勉強。

と思ったが、すでに利用している身としては全体の8割が既知の話で、UI見れば自明の機能紹介がダラダラ続いた印象。導入していない人が、どんなものか知るためにはいいのかもしれないが、だとしたら細かすぎる内容。本書の立ち位置がよくわからない。

 

「活用ガイド」と銘打っているのだから、最後の方にちょろっと書かれた企業での活用事例をもう少し深堀してほしかった。

Teamsの最適な運用方法は現場によって異なるので、一概に使い方のガイドラインを示せないということは理解できるが、選択肢として多少具体的な運用形態をいくつか紹介しても良かったのでは。

テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド

テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド

  • 作者:岩元 直久
  • 発売日: 2020/04/23
  • メディア: 単行本
 

 

『Python インタラクティブ・データビジュアライゼーション入門』

#1701

タイトル通り、インタラクティブなデータ可視化で使えるパッケージの使用方法紹介。

つくったグラフをWebで公開する方法まで含め、懇切丁寧な説明。

 

見せたいデータは各個人で違っても、データの見せ方はある程度定型なので、こういうパッケージに任せてしまうのが楽でいい。

固定データの固定グラフならExcelで十分。インタラクティブという性質を使えるケースで利用する。データを見ながら何かを検討したりするのに向いていそう。あとは、カッコいいプレゼンとか。

 

しかし、せっかく動きのある表示ができるツールなのに、本という動かない媒体で紹介するしかないのが残念。自分でサンプル動かしてみろってことかな。

 

『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』

スタンフォード式ってつく本が多すぎる問題。
ただし、当たりが多いので悪いことではない。

仕事でリーダーシップについて考えなければいけない立場になってきたので勉強のために手に取った本だけど、プロローグにあった以下の記述で考え直した。
仕事と関係なく、自分の人生を他人任せにしないためにも必要なスキル。

  • 自分が自分自身のリーダーになるとは、「自分の意思」で行動するということに他ならない
  • 情報の海を泳いでいくには、「どこに進むべきか」を自分で決め、それについて自分で責任を取らなければならない
  • 一人ひとりがリーダーシップを磨くこと、それこそ、個人の充実につながる

このブログを始めたきっかけである、「自分のためのアウトプット」と同じように、「自分のためのリーダーシップ」を考えよう。
こう書くと、自分の利益のために他者を利用するように読めなくもないが、今の時代にそんなことしても上手くいくわけがないので、win-winを目指す。

他者を動かすには、他者を知ることが大切。そして、そのためには自己を知ることが大切。
使い古された表現になるけど、自分がされてうれしいことを他人にするという考えがスタートライン。
発展形として、他人の個性を把握して、「自分ならこの場合こうされたらうれしいけど、この人にはこうしたほうがいい」という応用利用。

いずれにせよ、感受性を高めることが必要。先入観で価値を押し付けると、嫌な人間になってしまう。
自分がこうされたら気分が良かった・悪かった、他の人にこうしたら上手くいった・いかなかった、という記録をつけて振り返れる仕組みが必要。

以下、本から使えそうなこと抜粋。
これまで無意識にできていたこともあるけど、あらためて意識して、活用できるタイミングを増やす。

  • 自分語りをしない。相手に興味を持つ
  • 尋ねるように指示を出す。相手の意見を聞き、自分の考えを押し付けない(自分の考えが正しい保証はない)
  • 押し付けではなく、拒否できる状況にする
  • 依頼の背景を説明し、可能ならストーリーで語る ※自分語りではなく、相手が主役のストーリー
  • 仕事を頼むときは、適切な難易度を考える
    • 一人でできる楽なタスク ← 雑用ばかり押し付けてしまっていないか?
    • チャレンジングなタスク ← 支援が必要か?逆に、支援しすぎて成長の機会を奪っていないか?
    • 困難なタスク ← 負担にならないか?ちゃんとフォローできるか?
  • フィードバックは適切なタイミングで、適切な方法で
    • 良かったこと・感謝していることを伝える。(忘れがち)
    • 感情が伝わるように。→ ネガティブフィードバックは文字媒体を避けたほうが良さそう
    • 改善できることを指摘する。どうしようもないことを言ってもしょうがない。
    • 過去にさかのぼって指摘するのではなく、その時のことを言う

いずれも、自分が上司にこうあってほしいと思うことなので納得感が高い。
実際やるのは難しいことなので、少しずつ取り入れる。

しばらくしたらまた読みたい本。